Tomboy Fitness

筋トレ中の食事のキホン!|食事メニューなどの前に知っておきたいこと。

time 2018/06/27

筋トレ中の食事のキホン!|食事メニューなどの前に知っておきたいこと。

食事は筋トレと同じくらい大切!?

筋トレを始めたての頃は、筋トレのやり方や頻度にばかり注意が向きがち。

ですが、実は食事も筋トレと同じくらい、もしくはそれ以上に重要なんです!

今回は、いかに食事管理や食事法が筋トレにとって大切なのかを書いていこうと思います!

回数が桁違いに多い!

最初の理由として、食事回数の方が筋トレの回数よりも桁違いに多いということ。

筋トレは週に2~4回。最大で毎日通っても週に7回ですよね。

一方で食事は1日に3回。バルクアップしたりプロテインを飲む間食を含めると、1日に5~6回、食事をしていることになります。

つまり1週間で42回。筋トレ7回とは桁違い。

これが1ヶ月(4週間)になると、食事は168回、筋トレ28回。

身体が変わるとされる3ヶ月で見ると、食事回数は504回!筋トレは84回。

しかしこれは、毎日ジムに通った場合で計算しているので、実際はもっと回数に差があるでしょう。

そしてこの食事が身体、つまり筋肉を作っているわけですから、その重要性が分かってもらえると思います。

これだけこなす回数が多いと、質も大切になってきます。

極論になりますが、1日3回の食事がポテチなのか、バランスのとれた食事なのか、で出来上がる身体は大きく違いますよね。

3ヶ月で504回も食事をする理由ですから、何を食べるのか、ももちろん大事になってきます。

この、筋トレとは桁違いに多い食事回数、というのが、食事の方が重要だと言われる理由の一つです。

目標体重と食事量

食事が重要な理由の2つ目。

これを読んでいる方は、理想とする体型があるはずです。

その体型になるためには、その体型の人と同じような食事量をとらなければなりません。

例えば、体重50キロの人がいたとします。

筋トレをして、バルクアップしたい!マッチョな身体になりたい!目標体重は70キロ!

でも、ご飯の量は今のままと変えずに、トレーニングだけやっても見た目はあまり大きくなってくれません。

どんなに頑張っても50キロ分の食事量でつく筋肉にしかならないからです。

週7でジムに通っても、食事量が50キロ分なら、食事50キロ分の筋肉。

週2のジムでも、食事量が70キロ分なら、70キロ分の筋肉になります。

もちろん食事の内容も大切ですが、それ以前に量が足りなかったら、元も子もないということなんです!

ちゃんとジムに通っているのに、全然身体が大きくならない…なぜ…

という事態に陥る人がよくいます。

もし体重を70キロにしたいのなら、70キロの人の食事量をとらないといけません。

なので、別記事で詳しく書いていますが、目標体重になるには、どのくらいカロリーやタンパク質、脂質、炭水化物などが必要なのか計算する必要が出てくるわけですね。

これが食事が重要な理由の2つ目です。

身体は食べ物で出来ている!

そして、食事が大切な理由3つめです。

当たり前のことですが、身体は食べ物によって出来ています。

筋肉も例外なく、食べ物の栄養(タンパク質など)からできていますよね。

つまり何が言いたいかというと、先程も少し触れましたが、食事量の次に大事になってくるのが、食事の内容だということです。

筋トレにおける食事で大事なのはPFCバランスと言われています。

PFCというのは、

  • P=Protein(タンパク質)
  • F=Fat(脂質)
  • C=Carbohydrate(炭水化物)

のことです。

ここまで単純ではありませんが、最初は難しいので、シンプルに考えてみましょう。

例えば、真面目にジムに通い続けタンパク質は100%筋肉になり、脂質は100%脂肪として蓄えられ、炭水化物は100%エネルギーに使われるとしましょう。

1日で食べた食事のPFCの割合が、『P:F:C=20%:20%:60%』だとします。

余談ですが日本の料理は炭水化物が多いと言われていますよね。無意識に食事しているとこのくらいのPFCバランスになる…?かもしれません。

これをずーっと続けると約2割が筋肉、約2割が脂肪の身体が出来上がります。

(何度もいいますが、実際はこんなことにはなりません(笑)今は簡略化して話しています。)

脂肪が20%の身体というのは、緩めな身体と感じる人が多いと思います。

逆に目標としている身体が、体脂肪10%前後の引き締まった体型なら、PFCバランスも、F(脂質)が少ない食事、割合で言えば、10%前後を心がけないといけないということです。

(このPFCの計算やバランスに関しては別記事で詳しく紹介しています。もっと詳しく知りたい方は、下の方に記事を紹介していますので、ぜひ呼んでくださいね!)

このように、食事の内容によって、どんな見た目の身体になるのかが決まってしまうといっても過言ではありません。

なりたい身体になるために、PFCのバランスはどうするべきかを考えることも、とても重要ですね!

セットで読みたい!食事法に関する記事

食事法の勉強は、筋トレに絶対欠かせない部分!

メニューによってどんな身体つきになるのか決まってしまうので、筋トレ以上に大事だという人もいるほどです。

色々な食事法を知って、より良い筋トレライフを送りましょう!

食事法の基礎基本!PFCバランスとは?

P(タンパク質)、F(脂質)、C(炭水化物)のバランスを考えて食事をすることで、自由自在に自分のなりたい身体になることができます!

デカくてかっこいい体を目指してバルクアップするのも、体脂肪率を下げて引き締まった身体になるのも、柔道体型にも、水泳体型にも、これさえ知っておけば、どんな体型にもなれますよ!

筋トレに必要な栄養素と摂取量|あなたに必要なPFC量は? | Tomboy Fitness

食事回数や食事のベストタイミングっていつ?

よくある質問に、『プロテインはいつ飲んだらいいの?』『バルクアップするには何回食事したらいいの?』などがあります。

そんな食事回数や、タイミングに関しての疑問を解決します!

筋トレ中の食事回数やタイミングは?|初心者向けに徹底解説! | Tomboy Fitness

まとめ

それではここまでのおさらいです!

  • 食事回数は筋トレ回数よりも桁違いに多い!
  • 70kgが目標体重なら、体重70kgの人と同量の食事量を!
  • PFCバランスによって身体つきが変わる。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PROFILE

Tomboy

Tomboy

宅トレ歴2年、ジムトレ歴半年。週3でジムに通っています。

筋トレをしながら気付いたことや、日々のトレーニングで気をつけていること、筋トレの仕方などをブログに綴っていきます。

フォットネスやファッション、ミニマリストといった考え方などを紹介する、男性向けのブログです。



カテゴリー検索